4階建て住宅デザインリノベ

  鉄骨4階建て一戸建てを、1~3階までリノベーションしました。間口が細めで奥行きのある建物ということもあり
  室内が暗くなりがちでしたがどの部屋も明るく、風通しのよい快適な空間に生まれ変わりました。     
  隣家と2戸が壁で繋がっているつくりで、玄関の階段も共用でしたが、玄関の位置を変え、駐車場を広げてアプローチがつくられました。      
ハンセムのキッチン背面 モルタルで仕上
日差しが室内を柔らかく照らしてくれています

モノトーンで統一された居室

設計:近藤晃弘建築都市設計事務所