コートヤードのある3階建

住宅街の中、両側に家が建つ立地のR様邸。間口よりも奥行きが長く、採光が取りづらいため、通常の設計だと奥の部屋が暗くなり

がちです。しかし建物の北西にコートヤードを設けたことで、採光と通風を確保しながらも、パブリックな空間とプライベートな部

屋を分ける役目もしています。また、3階建てという条件を生かし、2階リビングに吹き抜けをつくり、開放感あふれる空間に。間

接照明のための照明ボックスから繋がるカーテンレールボックスやTVボードなどの造作と、各部屋を彩るインポートクロスがとても

きれいです。どれも苦労して施工した甲斐があり、すっきりと素晴らしい仕上がりになりました。

設計 MORII DESIGN WORKS 一級建築士事務所

←BACK     HOME     NEXT→